大手に入って三年が過ぎました。

 

大手メーカーに入社して、3年が過ぎました。ここらでどういった成長を遂げたのかを得た能力と落ちていった能力を記述しながら考えたいと思う。これから就活する人、特に理系で研究職ではない技術者になる人たちには参考になるかな。(僕は理系の人間で、プロセス技術を業務としています。)

 

ちなみに社会人の能力ってなんやねんと思う人はちきりんさんのブログにきれいにまとめてありますので、参考にしてみてください。

d.hatena.ne.jp

 

得た能力は羅列するとこんな感じ。

 

得た能力

・社内で仕事をスムーズに進めます能力(社内調整能力?)

まず、これね。(笑)

最初のほうは事あるごとに上司に歯向かっていた僕ですが、歯向かっているだけでは仕事がちっとも進まないことを学びます。そうすると、誰に確認・承諾を得ると仕事がスムーズになるのかを自然と学びます。やり直しを食らう回数が減ってだいぶ仕事のスピードがかなり速くなりました。入社する前は力関係を気にしながら仕事に取り組むなんて本当に頭悪いなと思っていましたが、今ではすっかり染まっています。(笑)

 

マルチタスク能力

次にこれかなー。どこの会社に入っても求められる能力だと思う。逆に言うと学生時代やアルバイトはこの能力がなんなのかもわからなかった。(僕だけ?)

 

・コミュニケーション能力

現場のおっちゃんたちや他部署の人間に、自分の考えを伝えて動いてもらわなくちゃいけない。知らない人にも説明していくことが、求められるので自然とコミュニケーション能力が伸びていった気がする。っていうか、仕事を進めようと思ったら自然と人見知りが消えるのね。

 

・発想力(ただし、入社1, 2年目)

初めての環境、初めての見る現象をみてワクワクせずにはいられなかった。次々にアイデアはわいてきた。美化してるのかな?

こんなことをしてみたらどうなんだろう。あんなことはどうだろう。と仕事が終わっても考えていた。

 

伸びた能力はこんな感じ。少ないね。

人によっては、意外に大手でも学べると思うかもしれない。でも、上記の能力はふつーに仕事をしてりゃ伸びてくる能力だと思う。一日8時間も働いて三年間も勤務してりゃ、何かしら学ぶことはあるもんだ。

でも、やっぱり大手に就職することはオススメできない。特に夢がまだない人とかには。次のような社会人として一番必要な能力が落ちていったからと思うから。

 

落ちていった能力

・主体性

これは僕の性格もあると思う。基本的にめんどくさがり屋だから。

大手メーカーに入ると、大部分の人は自分で仕事を作らない。なぜなら、仕事を作るということは、会社の命令という大義名分なく何かを変更することだから。会社の命令なら、これは会社の命令なの!と言いながら仕事を進められるんだけど(意外に周りはそれで納得する)、自分で考えたものとなると反対勢力を自分の考えを伝えて説き伏せなければならない。たまに、俺聞いてないぞ!と言い出して怒るおっちゃんもいるから本当にやっかいで、なんでこんなやつに怒られなきゃいけないの?と思いながら頑張らなければならない。

かといって、仕事を作る人が評価されているかというとそうでもない。基本的に日本の会社は仕事をきちんと早くこなしていくことが一番の評価になる。自分で仕事を作る人は意外に不器用な人が多く、仕事を抱え込みすぎたりしていて仕事が遅れることがちょいちょいある。もちろん、創造的に仕事を作って進めながら、かつ納期も早い人もいるかとは思うけど僕の周りにはいない。

だから、多くの人は自分で何か始めても評価されないから疲れてしまう。そして、主体性を保って仕事を進めることを忘れてしまう。僕も入社当時はよくアイデアを出していた。でも、僕も残念ながら最近は主体性を高く保っているとは言えない。

 

・行動力

イデアを出しても、実行するためにはまず予算を得なければならない。予算を得るためには承認を何個も得なければならない。一つのアイデアを実行するまでにいくつもの意味のない修正をさせられて、疲れてしまう。エネルギーには限りがあるので、どうしてもできることが限られてしまう。

 

こんなところかな。

正直、仕事で一番大事なのは主体性だと思う。その能力を上げるような仕組みになっていないのは会社としてどうなんだと思うけど、まぁいいや。

 

僕は会社に入る前までは僕が会社を変えていくんだ、大企業病に染まってたまるかと思っていた。でも、環境というのは本当に怖い。3年もいると現状が当たり前に思えてくる。だから皆さんも本当に気を付けてほしい。

 

僕が幸いだったのは、入社する前に大学院へ進学したこと。その環境がとても教育機関だとは思えない場所で、誰も教えてくれないし、誰も助けてくれない。でもある程度の結果を得なければ修士ももらえない。ずっと専門に研究してきた人たちに2年で価値ある仕事を提供するにはその人たちと同じように勉強していたのでは無理。なので、ひたすらに湧いてきたアイデアとも言えないようなことを実験=行動し続けた結果、自然と主体性を学んでいた。その経験のおかげで、今の会社の仕事の仕方に疑問を持ち続けることができた。

 

もちろん、大企業にもいろいろあると思う。

でも、大企業の怖いところは自分が言われたことしかやらないマシーンと化しても、ある程度の椅子に座れること。家ごと壊れるかもしれないのに、その椅子で安心してしまいそうになる。これが本当に怖い。

 

就職はそんなに深く考えなくていいと思うけど、僕のこの経験が皆さんのお役に立てば幸いです。

 

なにはともあれ皆さんが希望する会社に就職できることを心から願っています。

頑張りすぎずに頑張ってください。

 

ではでは。