自動車業界のこれからのあれこれ

 

自動車業界がとてもピンチだ。と言われている。

戦後の自動車業界市場において一番の受難の時じゃないかな?

私の話よりも詳しくそして丁寧にそのことが下記の記事に書かれている。

電気自動車により変化する産業構造 [電気自動車・EV] All About

 

簡単に言ってしまえば、

・ガソリン車よりも電気自動車のほうが全然安くなる。

・電気自動車はガソリン車よりも構造的にシンプルでいらない部品がいっぱい出る。→余分な部門がかなり出てくる。

・電気自動車はガソリン車と比べて参入する障壁が低く、家電メーカーなどの参入が予想される。

・他業界からの参入により、自動車業界そのものが垂直統合型ではなくて水平分業型に移行すると予想される。

 

最大のポイントは水平分業型に移行するから、自動車業界は組み立て屋さんに変化していくため今までのようにもうからなくなるということといらない部門が多くなるということ。だから、今の従業員数を維持できるわけがなく、スリム化していかざるおえない。トヨタは独占状態を維持したくて水素自動車なんていう延命策を考えていたけど、最近はやっぱり電気自動車を作り始めてる。これから起こる受難に、自動車業界の会社が選択と集中で自分の部門を切っていくとは思えない。今日ある家電メーカーさんみたいに痛い目をみて、リストラを断行していくんじゃないかなーと思う。僕が就活をしていた時はトヨタ自動車に入ったらもう勝ち組だったのにね。

 

日本の車業界が受けるダメージは大きいけど、世界で見るとそんな電気自動車が見せてくれる世界はとても明るい。

移動手段そのものを変えうる可能性もある。めちゃくちゃ安くなって、画期的なパーソナルモビリティができるかもしれない。

 

もうかけることないので、

今日はこの辺で。