自動車業界のこれからのあれこれ

 

自動車業界がとてもピンチだ。と言われている。

戦後の自動車業界市場において一番の受難の時じゃないかな?

私の話よりも詳しくそして丁寧にそのことが下記の記事に書かれている。

電気自動車により変化する産業構造 [電気自動車・EV] All About

 

簡単に言ってしまえば、

・ガソリン車よりも電気自動車のほうが全然安くなる。

・電気自動車はガソリン車よりも構造的にシンプルでいらない部品がいっぱい出る。→余分な部門がかなり出てくる。

・電気自動車はガソリン車と比べて参入する障壁が低く、家電メーカーなどの参入が予想される。

・他業界からの参入により、自動車業界そのものが垂直統合型ではなくて水平分業型に移行すると予想される。

 

最大のポイントは水平分業型に移行するから、自動車業界は組み立て屋さんに変化していくため今までのようにもうからなくなるということといらない部門が多くなるということ。だから、今の従業員数を維持できるわけがなく、スリム化していかざるおえない。トヨタは独占状態を維持したくて水素自動車なんていう延命策を考えていたけど、最近はやっぱり電気自動車を作り始めてる。これから起こる受難に、自動車業界の会社が選択と集中で自分の部門を切っていくとは思えない。今日ある家電メーカーさんみたいに痛い目をみて、リストラを断行していくんじゃないかなーと思う。僕が就活をしていた時はトヨタ自動車に入ったらもう勝ち組だったのにね。

 

日本の車業界が受けるダメージは大きいけど、世界で見るとそんな電気自動車が見せてくれる世界はとても明るい。

移動手段そのものを変えうる可能性もある。めちゃくちゃ安くなって、画期的なパーソナルモビリティができるかもしれない。

 

もうかけることないので、

今日はこの辺で。

社内向けプレゼンなんて必要ないと思う。

 

プレゼンを作るのは割と好きなんだけど、プレゼンなんて必要なくね?と思い始めた。

 

そもそもプレゼンは

・不特定多数の方々に

・同一のメッセージを

・同時に伝えることができる

というツールで、機能的にははっきり言って不便だ!(笑)

 

ここまでプレゼンが使用され、残っている理由は

エンターテイメント性に優れているにほかならないと思う。

いいプレゼンを聞いたら、感心するし、納得するし、感動するときすらある。

だから、とある社長が投資家に向かってプレゼンを行う意味はわかる。

 

でもさ、社内ではプレゼンなんてほとんど必要ないんじゃない?

他の職に就いている人はわかんないけど、僕みたいな生産技術は必要なプレゼンなんて予算をもらう時ぐらいだ。

よくプレゼンは情報共有として使用されるけど、その使い方は間違ってるし。情報共有のツールとしてプレゼンは全然優れてない。

・確認したいことがあれば、資料だけ見ればいい

・わからないところがあったら、資料に追加してもらうように指示すればいい。

そっちのほうが後でわからなかったことを確認できるし、

そもそも”そこの場”にいる必要もないから、都合の悪い人にも情報を提供できる。

 

もう少しよく考えて、部下の時間を使ってください。

見ている数値の意味を考える。

 

僕は生産技術を本職としている。

生産技術にとって歩留は重要な数値。会社によってはそれのみを考える会社もあるくらい。歩留は各工程が及ぼす影響や月毎の変化を確認するためには優れたツール。だけど、歩留がそのままコストだと勘違いするとやっかいなことになる。

 

たとえば、半導体業界で説明する。一昔前の話なので、今は違うかもしれないのでご容赦ください。っていうか今から例に挙げるのは又聞きですので間違っているかもしれないのでご容赦ください。

半導体はシリコンウェーハの上に回路を打ち込んでいく。シリコンウェーハとは丸い円盤状の薄いやつ。コースターを大きくした奴だとイメージしていただくと間違いない。

シリコンウェーハ一枚当たり出来るICチップが多ければ、無駄な使用面積が減ってコストが下がる。まぁそれだけで原価が決まるわけじゃないけど、重要な要素には違いがない。いちいち原価に直すのは大変だから、現場は間接的な指標を使って、原価低減のための管理を行う。その管理する数値に結構お国柄が出たりする。

アメリカのとある会社はウェーハ一枚当たりにできる個数で、

韓国のとある会社はICチップ一個当たりができる原価で、

日本のとある会社は歩留で

管理をしていた。

韓国はめんどくさい原価で管理を行っている(というかできているのがすごい)が日本とアメリカは間接的な指標を使って管理している。両方とも、本質的には一緒じゃんと思うかもしれない。でも違う。シリコンウェーハは外周の数mmを製品として保証していなかったりする。そうすると日本のとある会社は歩留定義を 製品が出来上がった個数 / 保証されている部分で製品ができあがるべき個数 としてしまう。だけど、保証されていようがなかろうが個数は増やしたほうがコストは安い。だからアメリカと韓国の会社は保証されてない箇所にも半導体を作ろうとする。

日本の場合、現場から見れば、歩留で管理されていたら、歩留が至上命題でそんな”不利益”になるような外周部にも製品を作ろうなんて思いもしない。だから、マネージメント側から管理方法の変更を進めなければならない。でもマネージメントの方々はおそらく、”もっと原価を安くならないのか”とか誰にでもいえる文言しか言わない。管理方法を変更するとおそらく現場は勝手に改善するのにね。どうしてマネージメントの方は部下の仕事の文句をつけるのはうまいのに、自分の頭を使おうとしないのだろう。

これと似たようなことは日本型モノづくりの敗北という湯之上さんが書いた本にも書いてある。

Amazon CAPTCHA

 

こういったことは形を変えていろいろなところで起こっていると思う。どの数値を使うのかなんて会社の文化だしね。文化とは合理性を欠くものだと誰かが言ってた気がする。

 

もう一度会社が普段扱っている数値がどのような定義なのか、その数値は本当に本質を得ているのかを考えることをおすすめしてみたりなんかする。

 

では今日はこの辺で。

エンジニアとして活躍するための方法は一つでないと思う

 

僕は一応東大の大学院を出たりはしたけど、

一般的なエンジニアとしてみたらだめだめ。

 

致命的なのが基本的な数値を短期的には覚えられるけど、長期的には覚えられないのだ。

ボルツマン定数とか、物質の基本的な熱容量とかだって覚えられないし、重要な数式だって覚えられない。F=Maぐらい。

一般の人から見たらこういった数値を覚えなくてもやっていけるんじゃないの?と思うかもしれない。だって、そういった情報はネットに載ってるし、エンジニアは覚えていることを求められない職種でしょと。

 

でも、そうじゃない。

そういった情報が頭の中に入っていないと、追いついていかなきゃならない論文に対する理解の速さが違うし、なによりも基本的な情報を覚えているのとないのでは目の前で起こっている現象の瞬発的な想像力に差が出てしまうのだ。だからとても致命的。

 

そんな僕でもほかのエンジニアに勝っている部分がある。

それは今やろうとしている仕事がどれだけ会社へ価値があるのだろうかと見ようとする点。

エンジニアの人は深く考えずに目の前にある問題を解決するためだけに取り組み内容を決めてしまう。だからコスト削減であれば歩留目標だけ決めて満足。歩留効果を金額に直して、歩留以外でのコスト削減方法はないかなとかは考えない。

品質改善だって、お客様が数年後どうなるからそれに合った品質はこれだとかは考えているようで考えてない。だってその品質課題を仕事として与えられるまで自分の取り組みにしようとはしないもんね。

 

じゃあ、上の人もコスト削減における費用・工数対効果とか、お客様を考えた品質改善を考えているようで考えてない。基本的に日本の会社はボトムアップだしね。

 

そういったことを考えてきたから、こんなぼくがそこそこの実績を挙げてきたのだと思う。

 

どうせ周りなんて会社の未来を考えて行動していなから、自分で考えて立案することをおすすめします。それを邪魔されるようなら転職もありだと思います。

冨山さんの本紹介②

本日も冨山さんの本紹介。紹介する本は経営分析のリアル・ノウハウという本。

www.amazon.co.jp

冨山さんの本の魅力は概念や抽象的な議論だけで終わらないところ。実際の解析方法、現状に対する自分の見方、そして未来の予測をきちんと書いてくれている。いつも手の届かないかゆいところの言語化をしてくれて、なるほどねーとなる。

 

あとは僕のアウトプットのために内容を羅列する。

第一章 業界によって儲け方はそれぞれだよ、という説明。

たとえば電炉鉄鋼メーカーと高炉鉄鋼メーカーでは儲け方が違う。高炉はいわゆる”メーカー”に近くて、電炉は加工流通業に近い。高炉は装置の値段が高く、固定費が高い。そのため、売り上げを伸ばしていく必要がある。電炉はくず鉄を溶かして売る商売をしているため、くず鉄を集められる立地がいい。在庫もあまり持ちたくないので、回転率が勝負である。売り上げを伸ばすために規模を広げても利益率は変わらない。

 

第二章 P/LとB/Sを見て仮説を立てて、現場をよく見ると問題点がよくわかってくる。

会計はとんでもなくすぐれた発明である。よく見ると数値としてまずいところが見えてくる。そして、現場を見て問題点の解析について修正を加える。簿記の勉強はとても役に立つから、やるといい。

 

第三章 業種ごとの儲け方

第一章の説明をもっと詳しく場合分けして、それぞれにあった儲け方の説明。例えば、業界が成長途中か成熟段階にあるのかを考えることも大事。成長途中は垂直統合型モデルのビジネスがお手頃で品質のいい商品をつくっていくが(ユニクロみたいな)、成熟段階ではすり合わせする技術が容易な技術となっているので、個々の効率がものをいうようになり水平分業型がはやる。ほかにも第一章で説明をしたように売り上げを伸ばせば利益率も上がる傾向の業界と逆に下がる傾向の業界がある。

 

第四章 ①では事業を自分なりに数値化してみよう、あと②まとめ

①いきなり数値をみて利益率をはじき出してはいけない。自分のイメージできることに落とし込むこと。例えばトマト卸販売で年商40億円と言われてもピンと来ないから、トマト一つでの利益率や家庭での使用量から日に400件のスーパーを回っているぐらいでなければならない会社と想像していく。このとき、相場観を身に着けておくとためになる。②単品管理で現在をみること。現在の業界や他社の業績をよく見て、自分の会社にフィードバックすること。たとえば、インドの会社で人件費が安いから、欧州の会社はきっと赤字覚悟で、とか解析せずに一般論に落とし込んでしまうと思考停止サイン。海外の現地法人の決算を見ると開発費が0円とか見えてくることがある。

 

僕は現場の生産技術しかしたことないから、

・簿記の勉強と

・ITの基本知識

をいれなければ、いけないことがよくわかった。

転職先の業界について参考になった本

 

 

冨山さんの「AI経営で会社は甦る」を読んだ。2014年に発売した「なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略」を読んで面白かったのでついつい買ってしまった。

https://www.amazon.co.jp/dp/B06XPXH13Y/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

本の内容は

今まではソフト面で圧倒してきたIT技術がいよいよハード面に進出したら、

どう社会が変革するのかをまとめた本。すごい洞察力だったのでお勧めです。

 

印象的だったのは

・ソフト面で圧倒してきたGoogleさんやfacebookさんはハード面で勝利することは難しいだろう。理由はある程度杜撰でも許される文化はハードに向いていないこととハードの面は天才の存在がなせるものではなく連続的な改善がなせるものだから。

・小売り・飲食・宿泊・運輸・物流・建設・医療・介護・農業はインターネットビジネスの覇者が苦手とする分野がこれからAIの技術で伸びていくだろうということ。

 

僕は絶賛転職活動中なので業界選びにとても参考になった。

僕のパーソナルデータとして

・物理をやっていて、パソコンやAIなどの技術がない

・アカデミック関係の才能は大学院でほかの人に勝てないことが分かっている

ことから中途半端にインターネット業界とかの超スーパースターが活躍する分野に行くよりも小売り類の業界に行ったほうが僕の将来としてしっくりくるかな?

っていうかインターネット業界の求人に通らないしね。面白いね、新卒なら行けたのに。